精緻!宝マンKerria綺麗亜シリーズの腕時計

バイオリン琴頭の渦へと放り込まれてしまう形が宝マンKerria綺麗亜シリーズ腕時計の設計を設立を基調とし、この時計の名称はきれいな花低木。宝マン植物からに霊感を汲み取ってのシンボル的なつる図釈の中心、微妙なダブルトーンの背景とともに装着者の移動を光を、時々時計の文字盤に形成精緻な金属レリーフ飾り。その時計はシルクのドレスに取り組み、装着は1位のロックの女性ファンの腕には、それらは理想的な選択。腕時計は細長くの黒色あるいは白色ワニの紋様の革のバンドを配備して。

 
基本データ:直径29ミリ、防水ごじゅうメートル、エタクォーツ。