ホール「幾何」の陀腕時計

初大胆に試みる「幾何学抽象」主義応用腕時計設計を通じて、エナメル幾何色の塊の彫刻出新しい時計スタイル。「幾何学」シリーズの腕時計は不規則な四辺形と色の塊の主体を通じて、異なるレベルの色のレイアウトを形成し、カラフルな面盤、レイアウトの調和、色の自然。華やかでのホワイトダイヤモンドを組み合わせての幾何図形も同じ分布は面盤の上に、同エナメルの色の塊を交わる交代、華美息。

 
さらにユニークな幾何学シリーズ腕時計特別搭載の復雑な陀フライホイールムーブメントは、ろく時位の陀フライホイールひっきりなしに回転鼓動、まるで宇宙の中心、エナメルとダイヤモンドが交錯する構成の幾何学の色の塊は、まるで陀はずみ車を中心に四方に発散さ色彩や抽象的な渦を引く人を。腕時計もこの動効果で活力に満ちている。