オメガ超霸シリーズ腕時計の旅遠い空越えて

オメガ超霸専門クロノグラフは宇宙開発史上唯一無二の地位を持つ。「双子の星」計画は今の国際宇宙ステーション計画、超霸専門クロノグラフはずっとアメリカ航空宇宙局(NASA)唯一の認証の有人宇宙飛行任務を参加することができ、すべての装備。1969年、宇宙飛行士エドウィン・オルドリン(リンAldrin)に足を踏み入れて月面で、当時つけてこそ超霸専門の腕時計、それからこの腕時計に「表へ”の名誉。

 
この42ミリクロノグラフ配備ブラック文字盤があり、速度計目盛指先に、独自のデザイン。時間スケールと中央時針、分針のこだまをSuper-LumiNova夜光塗料。炭素繊維を採用して水晶表鏡保護板にさんじゅう分、カウントダウン小ダイヤルは、じゅうに時間クロノ小文字盤や小秒針文字盤。精鋼ケースコーディネート同素材の時計の鎖あるいは黒い皮バンド。