モンブラン4810シリーズ110週年記念モデルの説明

3項モンブラン外付け陀のはずみ車の薄型腕時計110週年記念モデル文字盤の上に、それぞれ飾を北アメリカ大陸、アジア大陸とヨーロッパ手作りマイクロ絵地図、美しい解釈で太平洋を横断テーマ。それぞれの手描き地図、110枚限定版の腕時計も独二の作品になり。文字盤下飾「ジュネーヴ波紋」柄、際立ってろく時位置の外付け陀はずみ車装置で、ひとりでめっきロジウムローマ数字XIIとめっきロジウム透かし彫り指針を眼下に、地図の全景。文字盤外輪に美しい分目盛圏、赤い「ろくじゅう」と「じゅうに」とはっきり数字読み目盛。

 
近距離鑑賞外付け陀フライホイール薄型腕時計110週年記念モデル、可視アップリケは42ミリプラチナケースに素晴らしい設計の詳細。薄型のエッジベゼル、サテン仕上げ、耳の上で表に直線型、端は少し曲がった装着の腕の間、保証ベスト快適度。

 
この限定モデル腕時計自制MB29.14ムーブメントを採用し。同ムーブメントを搭載飾初「ジュネーヴ扇形波紋」柄のマイクロ振り子陀装置、透過背蓋の上の大きいサイズサファイアクリスタルレンズが丸見えにこの特許を自制ムーブメントの風採。手描きの文字盤の感動的な風情を示すため、時計冠部は高速停止する秒表示機構を設置しません。その高速秒機能は、陀勢車のフレームには、まばゆくの赤い矢印を通じて表示されている。外付け陀はずみ車を止めねじ摆轮細かい糸遊曳く、ユーザーが時間を設置精確秒まで、これもこの実用機能実現の原因。急速に止まって秒装置令バランス摆轮瞬間回転の停止し、非曳く止まり陀はずみ車の枠組みを起こさないように、摆轮継続を動かし、さらに妨害腕時計正確度。この装置は3時位置の時計の冠を引き出すことで実現することができて。