大時計径の潮流は36ミリクラシカルである

経典は永久不変で、経典の表な伝世経典の表径が、敵を退けるでも現実は流れ、サイズが大きく、そして二度と戻れない。

 
上世紀のごじゅう年代も、丸や四角表のサイズで、ほとんど32 mm以下、西洋人は背が高くても受け入れられるこの表径、その年の腕時計は単なる「腕時計」では、もっぱらロード時間のツールで、たとえきゅうじゅう年代初期の多くは36ミリを中心に。

 
しかし、きゅうじゅう年代後期Paneraiオフィチーネ・パネライの出現、すぐさま牽引した大表径の風潮は、運動のサイズはほとんどがよんじゅうミリ以上、甚だしきに至っては47 mm、それから時計アクセサリーの一部になって、個人は明らかに味わうの象徴。市場の流れに従ってないなら、以下の2項はきゅうじゅう年代表径36ミリメートル、搭載ミニ自動盤最も経典不敗の腕時計。