G – SHOCK表「赤」35年限定モデルもMC HOTDOG収 – 柘植竜次最愛の時計

G – SHOCK表「赤」35年限定モデルもMC HOTDOG収

多くの人の成長に伴ってG-Shock腕時計、今年お祝い35歳の誕生日で、愛称は「G-Shockの父」のブランドの技師伊部菊雄もはち年ぶりに台、タレントのホットドッグ(MC HOTDOG)らが、発表REACH落書きと協力の連名表、および最新記念腕時計。

 
ブランドによると親友のMC HOTDOG自分で時、兵士を表だけ丈夫なので、買いましたG-Shock。「本当に耐久性がありますが、最後はまだ壊れています。電池交換ができないからです」と笑った。仕事の後G-Shock表」は彼の最愛の一つで、収蔵は百匹以上、ホットドッグ「G-Shockはたぶん世界最多の連名のブランドは、以前にもどのに並んで購入限定モデル。腕時計に溶け込んで街頭スタイル」から、別のキャラにつれてやって取り組みに加え、親民価格、CP値が高い。何の色もないと思っていたホットドッグも「蛍光色の色でも非常に湿っている」と言う!」

 
35週年を祝って、G-Shock世界各重要な市場は、従うブランドの精神を地元のアーティスト、ファッションブランドと提携し、発売記念限定表。今回の特別招待台灣落書きアーティストREACH共に助け合い壮挙を作成するため、ユニークな作品。REACH「Time Loops」をテーマに、自分に注意して、時間が戻らないので、DW-9052RC-1A4腕時計の内、外見ベルト、キャップと包装の印に象徴Time Loops無限の回圏に加え、REACH看板の猫の手を元素。また、表面及びベゼル文字など細部に当たりにバラの金を、全台限定販売ろくじゅうだけ。

 
落書きと協力があるだけではなくアーティスト腕時計が現れ、G-Shockも導入最新のレッドOutシリーズ表のセクションでは、過去からの全黒の外観は、全身の変更、赤のデザインで、装着手にかなり目立つ。全部で5項のレッドOutシリーズからダイヤルは、ケースからバンドまでゴム、液晶表示部分は赤色で、樹脂素材の表面に小さな粒の赤コーティング、視覚的に創造独特のつや消しスクラブ外観。日本ブームゴッドファーザーNigoもせっかくと伊部菊雄共同設計、DW-5600とDW – 6900をモデルにして持って、2種類の蛍光ピンク、蛍光イエローの腕時計、それぞれ限定35匹、気。