ライン上の客制化は、新しいブランドBAUTの先頭に立っている。 – 柘植竜次最愛の時計

ライン上の客制化は、新しいブランドBAUTの先頭に立っている。

新しい腕時計ブランドBAUTが本格的にラインアップ!最大の売りは、公式サイト上でゼロから客制化して自分のユニークなデザインの腕時計を作ることができる。これは、カルティエ(Cartier)、江詩ダントンなどスイス百年のハイエンドの精製品を持つ暦峯集団(Richeont)で、最新のライフスタイルの腕時計ブランドBAUTで、商品のデザイン、定価、販売方式、イメージ作りなど、新しい世代を目指しています。

 
BAUTのウェブサイトでは、現在4つの基本的なベースの腕時計は客制化することができます:それぞれ35と41ミリの2種類のサイズの小さい秒針と月相機能の腕時計です。注文したい方は、表の殻、皿、針の色を選択し、表の裏に2行の個人が欲しいという文字を刻むことができる。バンドは、革、キャンバス、さらには、軟木素材など数十種類の選択があり、それぞれ2000種類の異なる変化がある。自分の組み合わせに自信がなくても、既知のIACICシリーズから、細部を作ることができます。このシリーズの自動機械腕時計はアルミニウム合金の殻を採り、100 %の回収素材にしたバンドを組み合わせます。

 
生活スタイルを強調したBAUTは、日本のCitizenグループのMiyora自動機械のコアを採用して、価格をより身内にする。また、素材を回収するほか、環境保護にも積極的に参加し、「先制再制」で不要な波や炭素の排出を減らすほか、海洋保育を提案する非営利組織WFOとの協力もあり、各腕時計の2 %の収益は、その組織の海洋ゴミの一掃を助ける。全ブランドの定価は約3万元以内で、線上下はオランダで製造され、台湾を含む全世界の送料無料、約15日以内に入荷した。