腕の繊細な質感カルティエインコテーマ腕時計を作成

カルティエの大型ホワイトインコのテーマ腕時計、表盤彫刻真珠の雌貝、内にエナメル、カルティエの芸術家がこの腕時計を作成するインスピレーションは、真珠の母貝の透徹と多変な反射効果から来た。その表盤は、極端に細かい真珠のタテをカバーし、羽の繊細さと柔らかさを表現した手触り。

 
極めて細心の彫刻技術であり、まず真珠の母貝の透明度と希望の色によって極端に細い板を切り出し、その後は高精度の刀を借りて羽の形に彫った。彫刻師はこのような方式で、雲の白の色を徐々に変化させ、完璧な立体感と深感を演出しています。

 
カルティエは柔らかい単調を使って、濃い色と反差を形成し、羽冠は黄色、目は黒、くちばしは内にエナメルを採用している。色調の漸変と自然主義の絵画工芸に集中して、50時間近くかかる。まるで枠の外から飛んできたかのように、体が震えている。写実主義と虚構の境地を融合させ、表盤の周囲にはめ込まれた2列の明るいカットダイヤモンドには、より目を眩む。この表は80枚限定で発売されます。