時間音符Roonde Cartier浮輪三問表 – 柘植竜次最愛の時計

時間音符Roonde Cartier浮輪三問表

人間の視覚的な主観的な主観は、観察者には、教育の背景や性格の違いによって異なる見方をするが、音声においては、耳はほとんどずれを容認できない。聴覚は、常に人類の最も発達した感官の一つである。現代社会でも、人間の五大感覚の中で最も鋭敏な聴覚が、様々な情報を分析することができる。多くの声は残されていないが、私たちの脳は、受信した音を喜びや嫌悪感に転化する。そのため、楽理を学んだことがなくても、ほとんどの人が満足感を得て、トーンの正確さを判断することができます。だからこそ、三問腕は視覚の美学だけでなく、声の美しさを重視しています。高品質の楽器のように、この洗練された機械の時計の奇妙さからの感動の音符が、真の芸術の傑作である。だから、人の心を興奮させるために、情熱を燃やすために、カルティエ腕時計仕事坊全体の制作チームは、科学的な角度から、すべての新聞の技術を見直す必要がある。

 
Roonde de Cartier 3は腕時計として5年の時計の音響学研究に及ぶ優れた成果である。人々は、いくつかの世紀からの知識は十分だと思っていましたが、品質の要求の向上と今の腕時計の設計と科学の分析方法の絶えず発展して、報われた技術の多くの欠陥を暴露しました。

 
そこで、カルティエの研究開発部は難易度を迎え、高級製表の愛好家のために、古典的な外観デザインを持っていて、さらに深音学の研究成果を集めた3つの腕時計を作った。カルティエのコア開発チームは、腕時計の評価を3つの評価を求める基本的な科学的根拠を再定義した。まず、音そのものの概念を再定義しなければならない。私達は音波を1枚の卵の石にたとえて水の水の後に激起する円形の波にたとえて、音波は媒介する媒介の中で粒子を変位させて、それによって気体の振動を生むことができて、中耳は更にそれを内耳に分析することができる振動に変換する。