江詩丹回がウイ陸の型のドッパを出している

今年のジュネーヴ国際高級時計サロン(SHH)では、江詩丹回の新たなFITYSXのウウール系シリーズが初登場した。今では、こちらのブランドは、このシリーズのための複雑な機能を導入しています。

 
表殻は18 K 5 Nピンクゴールドで、直径41ミリ、厚さは10.9ミリで、繊細で優雅。銀メッキの白色の表盤は内外の双層分の軌道圏を設けて、復古の魅力を大きくします。アラビア数字を張る、時の標と針はいずれもピンクの金で作られ、時の標と針がコーティングされ、暗い環境下では青い蛍光を放つことができる。盤面6時位置の円形窓を通して、ツンドラの仕組みの見事な動きが楽しめる。

 
江詩丹トンの高級な製表の精神と芸を受けて、Calber 2160 / 1を搭載していて薄い自動上弦の機軸を搭載して、22 Kの金の外縁の並行は、腕時計のサイズをさらに薄くしている。この機軸は188個の部品から組み立て、宝石は30本、直径は31ミリ、厚さはわずか5.65ミリだった。ダブラーは、縦装置のマーク的なマルタのクロスの形をしている。

 
ジュネーヴの刻印を刻んで、美しい潤いがあることが証明されています。各部品はすべて手作りで潤いがあり、単陀飛輪には10数時間の手作業と放光が必要である。サファイア水晶の時計を通じて、機軸の美しい細部が見渡せます。これは2019年4月に発売され、江詩丹トン精品店が単独で発売される。