一輪の新月は月の大秒針腕時計シリーズの上でゆっくりと昇る

円潤の美しさは、製表師たちの追求を怠っていたといえば、月相の秒針腕時計が最も近い目標に近い傑作かもしれない。ブランドの「8」の文字盤には、日付表示の月相機能が追加され、6時に位置した偏心の大秒針盤と幾何の円心が重なっている。新しい“月相大秒針腕時計”は、実用的な日常の正確な表示(時、分、秒、日付)と詩意に満ちた22 Kの金月相を組み合わせます。

 
どのようにしてこの複雑な機能を大秒針の腕時計に搭載するかは、2017年に初の月相・秒針腕時計(Grans Secons Moon)シリーズの美学に挑戦している。その鍵は、280年前のピエール・アークドロ(Pierre Jac – Droz)さんの独創的な古いデザインで、月の独特な詩意を増すことがポイントだ。そのため、アークドロ(Jaacet Droz)は、階層感を異なる素材で巧みに配します。

 
ブランドの定番表金と謎の月を結びつける初のシリーズに続き、アークドロ(Jaacet Droz)は、2つの浅色新品(大明火エナメル盤、直径42ミリの白金表金とオパールの表盤、直径39ミリの精鋼表金)を発売し、2つは18 Kのプラチナを飾る。星の青色鋼月相盤。