月の下で仰いでいる——並納海の中秋の腕時計

ローゼ海も、月の無縁の魅力を知り、2018年には新Lの新Lを発売しました。Astonamo – Luminor 1950 Terbilon Moon MMT 50ミリドッダ月相時間等の2つの時間腕時計(P 00920)。

 
この腕時計は新たな創意と見事な製表の技を合わせて、ローナ海の初の月相を備えた傑作である。異なる手法で月相の機能を演繹して、その精確度は1世紀を維持することができます。Astonamo腕時計のP . 2005 / GLTSの裏には昼夜ディスプレイを備えており、2枚の折り合いの回転盤からなる機械システムを通して月相をはっきり表示します。

 
上部の回転盤は、コアに固定された小型外装の針を1日の24時間、太陽に昼を示すように指示し、星空に夜を示す。星空の中央には小型の円形窓が設置され、下層転盤を鑑賞することができる。これに関連した補助盤は、月の実際の損益周期(平均29日12時間44分3秒)によって、毎日約6.1°の回転を実現し、精密な運転が下層に位置して月の形の損益の変化を示す。

 
腕時計の機軸が着用者の選択した地域の経緯によって作られ、月相はその地に見た月相と一致し、南北半球の違いによって異なる。月相と同じように、日の出と日の日の入りの時間の表示も、予約した時に選定された故郷の時地と関連していて、もし身につけている人のいる都市と故郷の都市とは異なる時地にあるとして、まだ故郷の時地の日の出の日が沈む時間を示していて、故郷の時間は二つの時間の針で表示されます。