シュウロキの腕時計は低調で英知の美を演ずる

夢の露から25000個の「ダイヤモンド」を象眼したトドレスから、スワロフスキーのクリスタルがファッション界の寵児であり、123年になっても無数のデザイナーが倒れていた。ビッチの上でも、毎年のSwarovsッキーLoolは最も最も吸い込まれている。天使たちはその覇気を身につけて舞台に立って、きらきらと光っていて、覇気と優雅さを演じています。

 
その家の腕時計は、スワロフスキーのデザイン理念を続き、優雅で、おしゃれである。表盤の底の色はかなり簡単です:経典の黒&白、金の時計の針を配して、シンボル的なSwarovsッキーロゴ。簡単な要素がぶつかっても、簡単ではない知性があります。

 
周辺の小さな考え方はもっと人に驚嘆させて、ちょうど850本のスワロフスキーの水晶は外郭に象眼して、オーストリアの職人の多面の切断技術は、それはダイヤモンドよりも輝くようにさせます。このような低調な華奢な優雅さは、宴会の小さなドレスにしても、職場のラインを作るにしても、すべてに相当する。スワロフスキーの腕時計は、知性のある女性の愛に違いない。