宝玉ナポリ王妃の全国巡展

2018年11月15日、宝玉(Breget)は上海で「IN EST WOMAN IS Aクエン」をテーマにしたナポリ王後シリーズの全国巡展を開催した。今回の展覧会を通じて、ゲストは最寄りの距離で宝玉レインのナポリの王後の時計番物を鑑賞できるだけでなく、宝玉時計の忠実なドレス王後カロリン・ミュラの生活シーンを完璧に再現し、腕時計愛好者や収容者のために世界初の既知を語った腕時計の伝奇物語。

 
ナポリ王後カロリン・ミュラは、フランスの第一帝国皇帝ナポレオン・ボナバの妹であり、生涯にアブラハム・ルイ・宝玉氏(Abrathami – Lous Breget)には34枚の時計作品を注文した。その中には、1810年6月8日には、宝玉先生に普通の時計を2枚注文した。「1匹の超複雑な機能を持った旅の鐘、価格は100金路易で、その上に音を聞く機能を持って腕につけることができる表を加えて、私たちは5 , 000フランを受け取ります」。歴史上の初めての腕時計が誕生した。年半にわたって、宝玉さんは1812年12月21日に完成品を正式に納入した。その傑作は、制表史に計り知れない価値と業績を生み出した。この展覧会で展示されているレインのナポリの王後シリーズの腕時計は、その傑作の傑作である。