名士クリス麦シリーズの色調腕時計を鑑賞する

この腕時計は精鋼で殻を作り、表輪がバラの金をめっきして、さらに内包を備えているだけでなく、さらに尊貴な贅沢を見せる。太陽の紋様を持つ白色の表盤の表示時間が非常にはっきりしているので、読み取りは一目瞭然です。腕時計は1本同様に精製鋼に適用されて形成された表帯を組み合わせて、その中の2列のチェーンはバラの金をめっきして、時計を間の金のデザインにして、表殻と調和して統一します。

 
表殻の側面に組み立てられた円形時計の冠を磨くのは細やかで、手に触れるのは円潤で、快適を把握します。表冠の先端にはブランドマークがあります。

 
腕時計バンドは精製鋼によって作られ、そのチェーンは磨きをかけて精緻になって、造形の精緻な典雅、チェーンの間はボルトの固定を使用して、しっかりと信頼できる。ベルトの上に折りたたみ式のボタンが入っています。その上に押収式の開閉装置があります。

 
腕時計の表殻の形は丸くて優雅で、直径は36.5ミリ。表の殻は、つるつるして処理し、滑らかで美しい金属の光沢を反射しています。表の輪はバラの金をめっきして、さらにレベル感と立体感を持っています。銀、金の2種類の色調は調和してまた尊い典雅である。

次ページ: » »