配色がクール!『ドクロ13』発売50周年記念腕時計

「ドクロ13」は、日本の漫画家の斎藤隆夫さんが、1968年11月から小学館「Bigコミック」に連載された漫画で、日本の漫画史上最長の作品でもある。コミックス「ドクロ13」の連載50周年を記念して、記念腕時計周辺を発表することが発表された。一緒に見てみましょう。

 
「ドクロ13」は、今年11月に50周年を迎え、この特別な日を記念して、腕時計周辺の商品「ゴルゴ13連載50周年記念サンダールクノグロ」を限定することが発表された。この時計は主に赤い黒の2色を採用し、表盤の中に主人公のGolo 13が銃を打つ瞬間の顔の表情を印刷している。表盤の4時半には、銃弾による破裂の痕跡が作られた。指針は、狙撃銃の形を採用している。この記念腕時計は、1968本の発売に限定され、販売価格は42284円(約236元)で、2019年1月下旬に正式に出荷する予定です。「ドクロ13」の新周辺に興味を持っているユーザーたちに注目してみてください。

 
Golo 13の仮名は、ディック東郷、東アジアの人、世界超一流の狙撃手で、主にアメリカにある。世界的に有名だが、その真名や年齢などの背景は謎だ。武器を使って改良されたM 16突撃歩銃。その代号のGolo 13はそれぞれの彼であり、イエスは十字架に釘付けされた。頭が高くて、背が高くて、黒い洋服を着ています。銃で出神入化の境界に達し、遠距離は2キロの外で狙撃の目標で、距離は0.2秒以内に3人を殺した。一年に一度は力がないので、ジバ症候群の患者と疑われています。左手と右手のように弾もなく、連載の各話では累計2千人を殺した。無口で、握手はしないし、背後に人を立たせない。冷酷ではないが、雇用者の任務はいったん絶対に完成し、雇われた雇用者が死んでも同じように食言や失敗はなかった。偶には、熱血やロマンチックな行為もある。

 

http://www.mylovewatch.xyz/