4 Bの腕時計連名アジア動物基金、ファッションと公益の暖かさ

近年、連名の風がファッション界でますます激しくなった。このほど、新鋭のファッション腕時計ブランド4 B(BLACK BY BLUE BLUE)も、公益連合名をプレイ!4 Bの腕時計とアジア動物基金(A滅)と連名して、11月24日に京東、天猫公式旗艦店で正式発売された。

 
4 Bは、生命と希望を象徴する緑色を中心とした色調を選択し、ブランドの一貫したシンプルな大気のスタイルに沿って、アジア動物基金のロゴを表盤に刻印し、ファッションに活気を増している。

 
今回の連名は、ファッションと公益の暖かさだけでなく、公益事業が大衆に広がった試みでもある。

 
注目すべきは、この公益連合名のすべての収入は、購入者の名義の全額をアジア動物基金に寄付することで、公益事項として利用されている。

 
アジア動物基金は、1998年に設立されて以来、クマを飼うことによって危機に陥っている月熊を助けることに力を入れており、これを経て困難な種のためにより多くの配慮と協力を勝ち取り、安全で自由な生存環境を提供することに努めています。

 
政府の支持の下で、中国の成都とベトナムの中で黒熊救護センターが設立され、数百頭の生活とその悪質な環境の下での胆力を救った。これを除いて、A滅はまた「猫の福祉プロジェクト」を起動して、猫の犬を流浪してもっと良い生存環境を創造して、“動物を愛して、生命を大切にする”という理念を実践しています。