先導後!カルティエが伝奇腕時計を再演

2018年はまだ終わっていない。高級ジュエリーブランドのカルティエ(Cartier)は、来年ジュネーヴの高級時計サロン(S . I . H . H)で展示された新しい腕時計である。Cartier Penerシリーズの伝奇的な男表に敬意を表し、100年前の骨董表から再啓発され、2019年には新たなTonsauシリーズ表を提示する。

 
カルティエはこの数年、2015年のクラッシュ腕時計や2017年のTANTCintree腕時計、そして今年のSants表を含むブランドの伝奇的な男表シリーズを次々と復興した。すべてのシリーズは、その年の古典的な要素を改めて感じ、同時に現代風を感じさせる。そして、1906年に発売されたTonsauシリーズは、表殻外型が長方型と楕円形を組み合わせたもので、名前の「酒樽」が100年前には珍しいデザインとなっていることから、注目されています。しかし、見た目だけでなく、装着時にも腕を貼る機能も兼ね備えており、また、カルティエは同業をリードし、プラチナを利用して殻を作り、1910年には装飾的な装甲ボルトの耳を生み出し、現在に至る。

 
2019年に発売されたTonsauシリーズは、上記の骨董表の特色を続けており、ワインボックスのケース、装甲ネジのついた時計耳を含んでいて、錬腕時計と2時間帯の透かし彫り表を再設計した。表殻材質は、人気のある18 Kバラ金のほか、従来の定番表のプラチナ金を提供し、手首の角度で楕円曲を構成する。また、手上錬表金は、表盤の上にローマの数字、分レールを採用して、突出した円形の上錬表冠、革の表帯は1906年の原作のスタイルを密着させます。

 
また、新しいTonsau双時地透かし時計は、SECシリーズのTonsau XLの時計金に敬意を表すために、原作に忠誠をかけるために、カルティエがココアの歯車系を全部6時と12時に設定する。次に、弧の表殻に適応するために、機軸の構造は修正して同様に弧アーチの形をして、全体の歯車はカートリッジと捕らえた縦歯車の上で曲がっています。最後の配給者は、4時位置の冠を通して、1時間にわたって飛び回ることができます。