Watch News:「守り人」防振新表

Cvstosを知っている人は多くないかもしれません。ブランドは2004年のブランドですから。Cvstosはラテン文の中で「守り人」の意味で、実は2人の創設者の頭が小さくて、Seroun Sirmakesは、フロンガーグループの大株主であるVartan Sirmakesの子で、小さい頃から製表工業に接触して、17歳でフロンカーで磨かれて、22歳で自分のブランドを創立して、もう1人のアニソンTerranovaは同時に腕時計を兼ねるデザイナー。ブランド市場と販売マネージャーのスティーフアンKunzは、以前から直接港に来て、ブランドの最新の腕時計の傑作を紹介します。

 
「私たちの前には航海、レースなどをテーマにしたシリーズがあり、新しいJetliner II P – S Automaticの腕時計は、航空をインスピレーションとしている。小さい秒針は6時の位置に設けて、私達は特に新しい時計のために新しいCVS – 110の心を設計して、ブランドの機能の特色の上で改良して、効率的な性能を向上させます。

 
機軸の内の「震動」の磁力システムは、腕時計の効率を確保する。システムは2つの円筒形の永久磁石によって構成されており、縦輪によって歯車が跳ねる車輪の間に、極化鋼(polarsed steel)によって作られた小秒歯車の時間を正確な位置に保つことができる。

 
「機軸の主発条もこれまでより長く、力を強くして、トルクの動力を蓄えておくことができる」。発条の強さと長さが増加しているため、上下連鎖は改良され、主発条を完全にチェーンすることができます。並陀は、5級チタン金属、スリルスタイン88の2種類のハイテク物を組み合わせて作られ、ボール軸受の重さが平均しない振動を解消することができる。

 
表面の側面の側面は5 Nピンクの金で作られ、残りの部品はチタン金属を採用し、重さを軽減します。腕時計はそれぞれ黒、青、白、赤のNitritlのチェーンまたはワニの皮のバージョンが用意されています。