優雅な男の腕時計

カルティエドラマーシリーズドラマー月相腕時計
カルティエDrive de Cartierシリーズ腕時計は、メンズの正装の不二選、枕形18 Kバラ金の殻、滑らかな線、大規模なローマ数字の場合……。それぞれの細部はみな軽快さを漏らしている。白ひねり彫刻紋の表盤には、6時位置が月を設けて表示されます。この複雑な機能は、新月、上弦の月、満月と下弦の月が輪廻する時刻を正確に再現している。それは「天文」レベルの精確な品質を持っていて、125年ごとに1回の校正をする必要があります。表盤の中央には、剣形ブルー鋼の指針が設けられ、表鏡はわずかに表盤として周全保護を提供する。このDrive de Cartierシリーズ月相腕時計はカルティエ1904 – LU MC型作業坊の精製チェーンを搭載し、透明な時計を通して見える。正装としては、日常のレジャー装と同様に優雅な魅力がある。

 
PFC 28 – 00100 – XA 142腕時計
パマキニTondaシリーズは、典型的な優雅な外観を備えており、男性としてのフォーマルなコーディネートにぴったりです。この腕時計の40ミリの表殻は精鋼によって製造され、白色の表盤は隕石の材質によって作られています。表盤は立体的に貼り付け、中央時、分針は夜光コーティングをしており、6時位置には小秒盤が設けられている。白色の表板は黒のワニの皮の表帯を組み合わせて、対照的です。この時計はCal . PF 302の自動上のチェーンのコアを搭載して、この機軸の絶妙な構造の上でまた“ジュネーヴの波紋”があります。動力は48時間に達することができます。