詩意月相万国達文西シリーズ

今回のダブシシリーズで発売された月相機能腕時計には、3つの異なる機種が選ばれました。1項は精鋼の表殻の表の金で、表の輪は54粒のダイヤモンドを象眼して、そして濃い茶色のワニの皮の表帯を備えています。もう1項は紅金の表殻の表の金で、銅色のワニの皮の表帯を備えて、そしてこの精製の鋼の時計の金、深い青のワニの皮の表帯を備えます。

 
月の稼働周期は29.53日であるが、古典的な月相の損益設計の歯車系は29.5日にあたる。歯車系は、毎日自動的に表示ディスクを押して、月相の損益を正しく表示します。必要に応じて、装着者は付随する調節器を「2時」で更新することができる。

 
腕時計は36ミリの精製の鋼鉄の表殻を採用して、表殻の厚さは11.5ミリで、伝統的な経典の円形の表殻は白色の銀めっきの表盤を組み合わせて、表盤の上に青いアラブのデジタルの立体を貼る時落札して、表盤の端に黒い分の刻度があります。数字の時に落札する内に1輪の低調の溝があって、中央の3針は青鋼の針で、数字の時とスタイルが統一されます。時計の12時の位置には月相の表示ウィンドウが設けられ、ウィンドウ内には、夜空を表す青の背景が銀色の円月や星を合わせ、月の下には万国表のブランドマークが表示されている。