万宝竜は、宝光シリーズの自家製メード・ジュエリーリストを発売

このほど、万宝竜は、新しい宝の光シリーズの自家製ジュエリーリストを発売しました。新しい腕時計は直径38ミリの精製鋼または18 Kの紅金表殻を採用し、玉ねぎの頭表の冠と58本のキラキラダイヤモンドの時計を組み合わせた。銀白色の表盤は伝統の宝石の象眼と真珠の透かし細工の潤いをもって、葉の形の針を飾って、黒い花体のアラビア数字、外分の軌道と内部の時間の環はすべて精進して精を求めます。

 
新しい宝の光のシリーズの自家製のマインダーの珠玉の時計は万宝竜の自家製MBの298を搭載していて、時間、分、曜日、月、月相、閏年の表示機能を備えています。MB 298のモチベーションには48時間の動力記憶が提供され、非常に実用的なダブルタイムと24時間表示機能も備えている。この機軸の研究開発は3年をかけて、完全に歯車が組み立てることによって(多くの万年の暦のコアがすべてバーヘッドを適用します)によって作られて、つけている人に時計冠の双方向の調校の時計を通して、更に容易に操作することができます。

 
これを除いて、万宝竜の機軸の技師はまた別の新しいセキュリティ機能を開発して、使用者が夜8時から12時までの間に時計を設置することを阻止することができます。この時校正器はロックして、いかなる不適切な操作も機械のコアを損なうことができます。新しい腕時計には、灰色のワニの皮の表帯(替えられた表帯系)を付けて、ダイヤモンド(重さ約0.009クレラ)を象眼した精製鋼または18 Kの紅金針が付いている。