春が咲く芳華の趣——エレキドロ優雅8花の韻表

古今に来て、何人かの文人墨客は春の花が咲く芳华に服している。そこで、アークドロの製表の大家たちは、巧みな工芸品で春の花の鮮やかさを腕時計の中にはめ込み、春の花の満開の美しさを再現した。エレキドロ優雅な8は、宝石工芸の神髄を含んでいて、時には簡素で純潔で、時には華やかな装飾をして、精巧な曲線でアークドロ職人の大切にしていた柔らかい典雅、精緻で婉曲な趣があり、典範の作といえる。

 
18 Kの紅金は索彫紋の表盤。18K紅金手彫刻とマイクロ絵の立体蝶は、大明火(GrランドFeu)のエナメルを覆す。18 Kの赤い金の表殻は114個のダイヤモンド(1.43クレラ)を象眼する。「花が咲く」自動機械のぬいぐるみ。18 Kの紅金の手で花びらを彫って、手でエナメルをする。二重に回転する水滴形のダイヤモンド。動力は約38時間、直径35ミリ。限定発売28枚。

 

 

http://www.mylovewatch.xyz/