クラシックスクラシックシリーズ5178プラチナは腕時計にほこりを染めない

宝玉のクラシックスシリーズの腕時計は、薄薄な表殻紋切りや大明火のエナメルの表盤に青鋼の宝玉針を組み合わせたものが多い。

 
この腕時計の表殻は18 kのプラチナで製造され、表殻の直径は38ミリ、厚さは8.25ミリ。きれいな「大明火」白エナメルプレート、大三針の指示、宝玉に続く定番のシンプルなデザイン。38ミリは現在の大表径ブームを追求していないし、アジアの男性にも適していて、繊細である。表の輪は84粒を象眼して、約0634クレラの精緻な石に宝玉Calを搭載しています。777 Qは自動的にチェーンのコアを搭載します。

 
18 kのプラチナによる歯車タイプの表冠のスタイルは簡潔で精巧で精巧で精巧で、細やかな表殻がより優雅であり、磨きをかける表冠の先端の浮き彫りに宝玉のブランドロゴがあり、尊いブランドとして示されている。繊細な表殻の側面には宝玉の一貫した金貨の紋様を採用し、ブランドが腕時計の細部での風格を把握している。弧の形の表輪は光を投げて磨き、プラチナならではの淡い光沢があり、上品で上品である。