マイクゴールド100 Series限定版チャリティー腕時計レビュー

マイク・コーサーはお客様と国連世界食糧計画局(WFP)と手を携えて、世界各地の飢餓児童に五百万食の慈善食事を配っています。これはMichael Korsが展開する慈善事業「飢餓に打ち勝つ」Watch Hunger Stopの重要な成果です。2013年に、Michael KorsとWFPは長期的な協力関係を構築し、このプロジェクトを開始しました。デザイナーのMichael Koorsさんは「とても感謝しています。私たちの顧客は私たちと一緒にWFPを手にして、この厳しい世界の飢餓問題に立ち向かえると信じています。

 
マイク・コーサーの新型100 Series限定版のチャリティ腕時計はマイク・ゴッツと国連世界食糧計画局(WFP)の提携の2周年を記念して発表されます。他のMichael Korrs 100 Seriesの腕時計と同じように、マイク・ゴッツのクラシカルなRunwayシリーズの腕時計スタイルをそのまま使用した新型腕時計のデザインで、バラゴールドのステンレス素材を採用し、精巧で優雅なグレーブルーの文字盤に世界地図の模様を刻印しました。背中にはMichael Korrsのサインと飢餓に打ち勝つという文字が刻まれています。また、「1 Watch=100 Meals(腕時計1枚=100食)」や「Limited Edition(限定版)」という文字もあります。

 
マイク・ゴッツ100 Series限定版のチャリティ腕時計は中と大のサイズの2つのタイプを発売しています。特別にデザインされた包装はもっと「飢餓に打ち勝つ」という趣旨を強調しています。この腕時計は限定版で、他の腕時計は100 Seriesの販売が続いています。現在の販売は約500万食のチャリティーフードを提供しています。