親子の絆:ティトンSpace Star天星シリーズ

腕時計については、若い世代が一般的に追求しているのはファッションブランドであり、流行に従って話題も変化しています。父がいつも同じ時計を持っているのを見て、なぜ新しい時計を換えないのですか?世代のコミュニケーションのように、いつもそれぞれ違う言語を話しています。ファッションモデルから、若い時計ファンも機械モデルに接触し始め、FB、Youtube、IGなどのコミュニティメディアの露出によって、TITONIの梅花時計を認識しました。斬新なデザインで、「Young」になったのは、若いファンの好奇心を喚起しています。

 
「えっと、父の時計はTITONIだったのですか?」親子はお金の認識を通して「共感」を生み、いつしかお互いの会話の橋を開く。表の魅力は表そのものだけではなく、ブランドの精神と裏から語られる物語だとずっと思っています。腕時計を通して大きく異なる二つの世代をつなぐのも、来年100歳を迎える梅の花時計の大切な役目である。

 
Titoniは現在6つのモデルを持っていますが、その中の天星シリーズのスタイルはファンにどう思われますか?個人的には、文字盤の表記によって、ローマ数字、棒形、あるいは両者の組み合わせがそれぞれ特色があり、ベテランファンの好みの落ち着いた、若者の好みの流線感もあります。「全民塩宜」の腕時計です。社会人になったばかりの息子が、父親と一緒に出社し、二人とも天星シリーズを手にしています。父は白金の二色、白い文字盤のモデルをしています。息子は海軍藍、銀縁の文字盤を身につけて、青い革のベルトのデザインをしています。

 
仕事が終わったら、お父さんは息子を連れて台北の大稲_を見に行きます。ついでに彼を案内します。途中で漢方薬の店に行って、薬の材料を買います。永楽市場のそばの布陣を見てから、知り合いの茶屋に行きます。話をしているうちに、社長は「新しい時計をはめるのですか?水がありますよ」と父は笑って言いました。「息子と同じシリーズをしています」と、そばで携帯電話をしている息子も、頭を持ち上げて話題に入れるかもしれません。

 

http://www.mylovewatch.xyz/