月上の伝説,絶世の秘蔵。

オメガオメガ「アポロ11号」50周年記念限定腕時計
1969年7月21日、宇宙飛行士Neil AmstrongとBuzz Aldrinは相次いで月に足を踏み入れ、人類の宇宙探査の歴史に重要な足跡を残しました。この事件を記念して、オメガは新たなビッグマックシリーズ「アポロ11号」50周年記念限定腕時計を発売し、6,969枚を数量限定で発売しました。

 
このシリーズは最新のブランドの合金製のMoonshine 18 K金を使って、金属の色は深い夜空の中の月光から源を発して、普通の黄金に比べて、Moonshine 18 K金はもっと長い色と光沢を持っています。

 
新しいスーパーボスシリーズの限定版腕時計は9時にMoonshine 18 Kの金の小さい文字盤があります。レーザー彫刻を通じて、バッツ・オルデリンが月に足を踏み入れる場面が現れます。他の時間の目盛りと違って、腕時計の11時の位置はMoonshine 18 Kの金で作られた「11」の数字の時間目盛りを貼って、アポロ11号の任務に敬意を表します。

 
月に行くということは、人類が未知の領域に足を踏み入れるということです。腕時計の背の中央に黒い月面の形が現れ、宇宙飛行士が月球の表面に残した足跡をレーザーで彫刻しました。ニール・アームストロングの名言「THAT’S ONE SMALL STEP FOR A MAN、ONE GIANT LEAP FOR MANKIND」も表の背に刻まれています。

 
50年後の今も、オメガは人類の歴史上の偉大な瞬間を記録できることを誇りに思っています。