ランガーとコンコーソ’エレガンザ骨董展

2019年5月24日から26日まで、ロンガーは再びConcocsod’Eleganza Villa d’Este骨董展のスポンサーを務めています。1929年から、この骨董品のモーターショーはずっとイタリアのコスト荘園大ホテル(Grand Hotel Villa d’Este)で開催されています。ロンガーがこの一枚だけのロンゴ1 TIME ZONE腕時計をアンティークモーターショーのベスト車種に授与するのは8回目です。

 
古雅名車の「ミスコン」であるConcocso’Eleganza骨董展90周年にあたり、「The Symphony of Egins」(エンジンシンフォニー)が今回のモーターショーのテーマとなっている。アト荘園の公園では6気筒、8気筒、12気筒のエンジンがガッチリと大きな音を立てていますが、オーダーメードのLANGE 1 TIME ZONEの「Commo Edition」腕時計は優しいカチューシャ音を立てて、モーターショーの美しい開催地と上品な格調に向けてメッセージを送ります。2012年からは、「Coco Edition」の腕時計がこのレースの「ベストカー」の骨董車と同号になり、ラング総裁Wilhelm Schmidが自ら優勝者にこの腕時計を授与しました。

 
骨董車と腕時計の間には暗黙の了解が存在しています。優れた品質を追求し、絶えず改善された技術を追求し、心をこめて考えた設計プロセスは芸術品の背後に捕らえられた最高の美に至るまで。それと同時に、ラングとConcocsod’Eleganza骨董展は似ているところがあります。両者はそれぞれの市場で精分分野に属しています。双方は恋愛小説家を追求しています。これから分かるように、双方が手を携えて協力するのは当然のことです。

 
世界的に有名な骨董車を展示している間に、Wilhelm Schmidは自動車収集家のDuccio Loprestoと膝を交えて長話して、有名な自動車デザイナー、レーサーの伝奇人物と有名な自動車収集家についてそれぞれの見方を交流します。今回の会見の主役はLopresto家族が大ヒットした1957年のAlfa Romeo Gulietta Speciale Prottipo骨董車で、2017年のモーターショーで大賞を受賞しました。

 
トークショーでは、収蔵家として芸術と自動車の垣根を破り、その骨董車を道に持ち帰ることに憧れ、それぞれの美しさを楽しめると語っています。

« « 前ページ: