Richemont Groupのパフォーマンスが発表されましたが、状況はどうですか?

ジュネーブ展覧会の公式開会に先立ち、主催者であるRichemont Groupは、2018年12月31日現在の最新の四半期決算報告を発表しました。レポートによると、グループ全体の業績は概ね上昇しています。これは主に、Yoox Net-A-PorterやWatchfinderなどの電子商取引プラットフォームの統合によるものです。電子商取引の影響が取り除かれた場合、グループの売上高の伸び率は5%から6%の間になります(為替レートの変動に基づく)。

 
各地域のパフォーマンスも非常に異なります。その中で、南北アメリカ(+ 43%)とヨーロッパ(+ 34%)が特に好調でした。アジア太平洋地域の成長率は17%、日本の成長率は14%です。中東およびアフリカ地域は、売上高の減少が稀な地域です(-3%)。 Richemontグループは、次のように述べています。「買収の要因としては、中東を除くすべての地域での売上が増加しました。今四半期の後半では、ヨーロッパでの売上はフランスの社会不安の影響を受けました。中国本土での好調な市場を反映して売上は10%増加しました。南北アメリカでの売上も9%増加しました。」

 
2018年12月までの9ヶ月間において、当グループの売上高は、実質為替レートで23%、恒常為替レートで24%増加した。しかし、もう少し詳しく見てみると、ジュエリーと時計のカテゴリーが想像力ほど楽観的ではないことがわかります。ジュエリー事業(カルティエとヴァンクリーフ&アーペル)の売上は9%増、プロの時計製造部門の売上は1%増でした。

 
現在の世界的な貿易状況およびアジアの経済成長の鈍化、ならびにフランスの「黄色いベスト」キャンペーンが高級品業界に与える影響を考慮すると、このかなりの報告は業界の不安をある程度軽減しました。しかし、昔から、時計業界の状況はあまり良くないため、2018年後半の高級時計メーカーの売上成長率は明らかに減速しています。今年の上半期では10.4%増加し、2018年の上半期では7.1%しか増加しなかった。