正装:ロンジンの伝統シリーズL 2.91.4.78.3

今年、ロンジンが初めて作品にカレンダー機能を加えた。通常のカレンダーと比較して、カレンダーは自動的に大きさの月を区別できます。二月に学校を調整するだけで、カレンダーと万年暦の間の複雑な技術です。これまでは、カレンダー機能を搭載した腕時計の価格は10万から50万ぐらいで、一番安いのも5、6万ぐらいです。しかし、このロンジンの定価は1万7千円しかないので、この技術のハードルを大幅に低くして、普通のファンにも楽しんでもらえます。本当に業界の良心です。

 
このカレンダーの腕時計は昔の名匠シリーズのカレンダーの形を続けています。シンプルな大麦の粒模様は銀色の文字盤、黒い時の標識、青い鋼の針、日付は3時の位置に表示されています。とてもクラシックです。ケースの大きさは40 mmで、正装にぴったりです。磨きもかなりまろやかです。搭載されているのはL 897.2オートチェーンのムーブメントで、Nivachocのショッパーを採用しています。64時間の動貯蔵はこの価格範囲内で、ムーブメントに対してより高い要求をするのも難しいです。総じて言えば、この波の琴は10万元以上の技術を普通の庶民の家に持ち込みました。価格性能比は非常に高いです。