80年代の競速の激情

初のモナコシリーズの限定腕時計が登場した後、第二弾の限定腕時計が登場しました。この新商品は赤い文字盤を採用して、前衛の大胆な格調と情熱的な奔放な魅力を表現しています。黒い小牛革の時計のバンドの上の表の孔は赤い内地で飾って、正確にモナコのシリーズの発展の歴史の中で第二十年間展示した情熱的な魅力とファッションスタイルを捕らえます。標識的な正方形の精密鋼のケースには太陽の模様をあしらった赤い文字盤がありますが、2つのロジウムメッキのクロノグラフはアーチ形のエッジを採用しています。また、文字盤の黒と白のステッチは特に目立つし、黒い針の先のある時計と分針との相性もいいです。指針と時標はスーパーLuminova®スーパー蛍光塗料で塗り、読みやすさを著しく向上させます。

 
オリジナルのデザインを復刻した新作のクラシックデザイン、ボタンはケースの右側に設けられ、表冠は表殻の左側に位置しています。この伝統を覆すデザインは半世紀以来、モナコシリーズに独特の魅力を与えています。

 
この80年代風の腕時計は、底の蓋に「Monaco Heuer」と「1979-1989 Special Edition」(1979-1989年特別版)と「One of 169」(169枚の一つ)が刻まれています。ベースカバーは原版の表のモデルから啓発されて、精密鋼の材質を採用して、そして垂直と円形の砂を通って修飾します。ケース内に躍動しているのは有名なカリブブリエ11のムーブメントで、1969年の原版モナコシリーズの腕時計に基づいて最初にショーが行われた自動チェーンタイム計算機のムーブメントが開発され、近代化されました。この新作は169枚限定生産されています。