ツルのエナメル腕時計:ツルの朝日が昇っています。

北京時計の年間重点新商品「鶴」エナメル腕時計の初登場で多くの腕時計愛好家が足を止めた。

 
鶴は、「丹頂潔羽、首の長足」という優美な姿で世間から敬慕されています。天の瑞鳥であり、高貴な神聖潔、瑞祥長寿を象徴しています。羽族の長さもあり、「一品鳥」という美称を持っています。

 
北京時計はエナメル工芸を通じて、鶴の高さと美しさを方寸の間に描いています。表皿の上で、2羽のツルは浅瀬の中に立っています。首、くちばし、尾羽のところは全部金彩で飾っています。とても貴重な容貌を持っています。ツルの頂を加えて、丹砂を塗ると、とても人目を引きます。鶴は潮の時に岩に立って、12時に北京時計ブランドの紫禁城城城楼の標識を合わせて、太和殿の前の「青銅の鶴」を連想させます。遠くには、朝日が昇り始めた一輪が祥雲の間に懸かっていて、美しい「鶴の朝日」の光景を構成しています。光と瑞祥を象徴しています。