東洋文化の特徴があるデザイン要素の時計

このほど、2019深セン時間文化週間と第30回中国(深セン)国際時計展が深センコンベンションセンター1、9号館で開幕した。時間文化週間の間に、「科学技術が『新』時間を賦与し、産業の未来を設計する」というテーマの第17回中国時計サミットフォーラムが開催されます。特に、深セン時計展の30歳の誕生日を祝うために、文化週間には3人の時計収集家が提供する800個のレトロな国産腕時計が展示され、中国の時計業界の発展過程や時計業界の発展の道が見えてきます。

 
記者は現場で見ました。東方文化の特徴があるデザイン要素を多く備えた時計が人気の展示品になりました。スイスの時計は相変わらず人気があります。レミーのブースでは、このブランドの時計はスイスのムーブメントを使っています。ケースは数百本の炭繊維から分断された平行の細い糸で構成されています。

 
また、2011年9月深圳時間文化週間「時間・4つのこと」のミニ映画の試写会も開催される。この10分足らずの映画は、4つの異なる年齢層の人の生活と感情の真実なストーリを通して、時間が人生の甘酸っぱい苦しみに伴って、時間の縦方向、横方向の次元を越えて、“時間”の人生の意義と価値の体現を屈折します。

 
聞くところによると、2019深圳時間文化週間は専門の時計展、業界フォーラム、特売会、時間文化創意活動、社会公益、時計設計大会展など一連の活動を通して、科学技術とファッションの角度から深圳時計業界のブランド革新発展の道を分析し、ブランドの国際化普及と深圳国際ファッション都市発展の共鳴と深さの融合を推進している。

 
今回の時計展の展示面積は45000平方メートルに達しました。東方の美学を表す北京表、特に航空テーマを作成するアメリカのSAGA世家表、そして飛亜達ルノー、星皇、宝時捷、古尊、格雅などの中国本土で成長してきた有名ブランド、ICE-WATCH、BLACK BY BLUE BRAVIE、AVI-8などの新鋭ブランド、HELLO KITTY、漫威、ディズニーなどのアニメリストブランド、嘉源三匯、泰時、時舵などのスマートウェアブランドで、最新の製品と最先端の技術を持って展示会に出展します。世界30カ国・地域を集め、計450社余りの時計企業が同台で競っている。