月美人は気持ちが一つじゃないから、表情が一つじゃないです。

不確実性は、ロマンチックのエッセンスです。感受性が豊かなので、美人は変わりやすいです。変化が多くて、生活を豊かにして面白いです。

 
ポパーの月美人腕時計は、気分やスタイリングによって、カラフルなベルトを任意に変えられます。笑顔は雲のような真珠の母に隠れています。星のように輝くダイヤモンドを飾ります。この「気まぐれ」なデザインは、月美人がどこに行っても目が離せません。

 
ポパーの月美人腕時計と多彩な時計セット
月美人が一番注目しているのは、もちろん、その定まらない月の顔だ。垢抜けしていて、表情がそれぞれ違っていたり、喜びや、ツンデレだったり、笑ったり、考えたりします。最も目が離せないのは、きっと美人の痣を持っている彼女です。目のひとみは小さく閉じて、唇の角は上昇して、気をつけないうちに自分の精巧な考えが見えてきます。

 
その口元の美しい痣は18世紀のスペインの女性を思い出させる。彼女たちはいつもあざの位置を上手に変えて、気持ちを伝える道具としています。位置が違っていて、意味も変わってきました。同じ時期のフランスでも、宮廷の女性は美しい痣をつけて愛人に応えます。美人の痣もこれによって、象徴的な言葉を確立しました。唇に近づくと、セクシーな中にユーモアがあり、風情があり、気軽に味を楽しむことができます。絶世の尤物のようです。美人の痣によってさらに胸がドキドキするマリリン・モンローです。