微絵白鶴時小針盤:仙風道骨許潔白

国人の言う白鶴は一般に丹頂鶴を指し、頭の一部が真っ赤に飾っていることからこの名がついた。伝統的な国画の中で、白鶴はいつも青山に伴って、水の中に立っています。すらりとした優美な姿は画家たちの霊感の源になります。また、体が白いので、潔白、高尚な文化的内包が与えられ、官服の上によく現れます。それは仙風骨の気質で、まるで永遠に世界と争っていないで、静かで超脱して、中国の文人のあこがれた精神状態です。

 
ヤッケロが白鶴を描いた時の針盤腕時計の中で、優雅な二羽の白鶴は松の柏と同じ枠から鏡を出して、片方の頭が空に向かって呼びかけます。もう一方は頭を下げて、食べ物を探しているようです。方寸の間には「世界を残して独立し、羽化して登仙する」という境地が現れています。着用者自身の上品さを表現するのに十分です。