2019職場新人初の腕時計オススメ!

セイコー、1000-2000元を手に入れました。
【セイコー5号シリーズ】ブランド内の一番最初の機械表ですが、仕事に関しては、質感に関しては決して割引しません。意外にいいです。また、電池を交換する時間があるからといってもいいです。出かける前に時間を調整すれば、歩く時間があれば、動く時間があり、文字盤の上の時間は機械歯車とバネのベルトによるものです。动いて自动的に动きます。男子の最初の職場入門腕時計としては全く損ではないです。

 
Coach/ココアライチPERRYシリーズ、入手価格は1100-1300元です。
Coachの「Perry」シリーズは予算内、デザイン面でもお似合いのモデルです。「Perry」シリーズは、ニューヨーク西村の静謐な街から命名されたもので、1941年に創立されたCoachニューヨークの精神に合致しています。このシリーズは基本的な銀色の素麺の文字盤以外にも、「C」ロゴがぎっしり詰まったSignatureの模様や、虹がかかったようなカラフルなデザインなどがあります。総じて、シリーズ全体のしゃれたデザインは、日常のコーディネートがほぼすべて取り仕切られていますよね。男女問わず使える入門腕時計です。

 
Daniel Wellington(略称:DW)、1000-3000元入手します。
軽奢なジュエリー業界のパンドラのように、一時期は平価腕時計ブランドのDaniel Wellingtonが台頭したのを覚えていますか?通称DW!そのブランドの最大の特徴は、腕時計全体のシンプルさとクラシカルな特性から来ています。ベルトの交換もできます。いくつかの色のデザインが気分によって変えられます。百合性についても、ブランドの低価格と入手しやすい市場の位置づけを合わせます。仕事も品質も確かに一流です。

 
Calvin Klein(略称:CK)、入手価格は1000-2500元です。
学生時代の最初の香水ブランドと同じように、CK表も多くの人が優先するブランドの一つです。腕時計を選ぶ時、機能や正確さのためではなく、ブランドの位置付けに代表されるファッション度です。デザインは今流行のCK表に合っています。価格やデザインに関しては、自然と勧められて負けてしまいます。男性の「Minimal Extension」シリーズと女性の「Daintyスマート」シリーズは非常に入手できます。