シチズン星空シリーズ腕時計はいかがですか?

シチズンは世界の市民として、創立以来、多文化の理念を受け継ぎ、卓越を追求し、腕時計の革新分野に力を入れてきました。西鉄城は技術を利用して世界文化の積極的な発展と持続的な発展を推進する責任があります。

 
現在は東京に本社を置くCITIZEN傘下のCampanolaが腕時計シリーズ「COMOSIGN」を発売しました。星空をテーマにしていますが、単純に星空の表面に入るだけの簡単な星空のリストではなく、腕時計の文字盤は本物の星座盤です。北緯35度、4.8度以上の1027個の恒星を示しています。さらに166個の星雲と星団があり、現在の上空の星の位置を示しています。カメラマンや星を見ている人、星を見ている人たちには大きな助けがあります。

 
注意してください。この「COMOSIGN」腕時計はただの腕時計ではないです。多くのいわゆる星空時計は、ただ文字盤に星空の模様を描いてギャグにします。しかし、「COSMGNは本物の星空の腕時計です。本物の星座の盤面を採用し、北緯35度、4.8度などの明るさを示す1027個の恒星のほか、月相機能と星雲星団の表示もあります。この表示は季節によって変わりますが、文字盤に固定されていません。ですから、文字盤の羅針盤をNに合わせたら、正確な星の位置が見えます。

 
かっこいいですか?早速試してみたいと思いますが、日本Gizmodo JPの報道によると、西鉄城は有名な天文写真家で芸術家の加賀谷穣さんを訪ねてきました。位置は飾りではなく、実用的な機能があります」加賀谷穣前に制作された番組「銀河鉄道の夜」は、日本国内で100万人の閲覧者を達成し、小惑星11949もその名を冠している。