ロレックス2019バーゼルの新商品が北京に登場しました。

ロレックスはこのほど、北京で2019年のバーゼル世界新商品プレビュー会を開催し、2019年の世界時計ジュエリー博覧会で盛大に発表された新型牡蠣式腕時計を展示しました。

 
紹介によると、今年のロレックス航海腕時計シリーズは初めて42ミリのカキ式恒動ヨット名仕型42(Oyster Perpetual Yacht-Master 42)を発売し、ヨット名仕型シリーズは初めて42ミリのケースを採用し、新世代3235型のムーブメントを搭載した。腕時計は18 ctのホワイトゴールドで作られています。Oysterflexバンドは18 ctのホワイトゴールド牡蠣式保険ボタンとRolex Glidelock延展システムを組み合わせています。

 
牡蠣式恒動海使型(Oyster Perpetual Sea-Dweller)は初めて黄金鋼の金を出しました。名前の「Sea-Dweller」は黄色の文字で文字盤に刻まれます。

 
カキ式恒動グリニッジ型II(the Oyster PerpetualGMT-Maaster II)は、カキ式鋼の新型で、双方向回転外輪とブルー・ブラックのダブルカラーCrachromの24時間スケールの陶質文字圏を装備し、記念型のベルトを組み合わせる。新モデルは2018年に発売された新世代3285型のムーブメントを搭載しています。

 
また、オイスター恒動曜日カレンダー型36(Oyster PerpetualDay-Date 36)は、初めて表技術の先行する3255型のムーブメントを搭載します。このクラシカル腕時計は18 ctのゴールド、18 ctのホワイトゴールドと18 ctの永遠バラゴールドが用意されています。同心グラデーション色の文字盤、装飾宝石の文字盤、または密にはめ込まれたダイヤモンドに虹のグラデーション色のサファイアの時計点を合わせて文字盤を表しています。

 
牡蠣式恒動日誌型36(Oyster Perpetual Datejust 36)と牡蠣式恒動日誌型31(Oyster Perpetual Datejust 31)が新しく発売した金鋼、白金鋼、永遠バラ金鋼(牡蠣鋼と18 ct金の組み合わせ)は、いくつかのエレガントなクラシックディスクを用意しています。この2つの腕時計はそれぞれ新世代3235型または2236型のムーブメントを搭載しており、2018年に初めてこのムーブメントを搭載した。

 
上記の新型はすべて超卓越天文台の精密時計の認証を得て、緑の印鑑を目印にして、正確で、防水、自動チェーンと動力の備蓄の各方面で、すべてすでに制の時計業の常規と標準を超えました。全認証には全世界5年間の保証がついています。