CA88アジア城がスマートスポーツ腕時計Garmin Instinctを発表しました。

今の人にとって、出勤しても学習しても、座っているのはすでに習慣になっていますが、実際には、誰もがアウトドアで遊ぶ心に欠けていません。

 
スポーツ腕時計がますますスマートになり、スマートスポーツ腕時計がよりスポーツ化する流れの中で、佳明の腕時計は、スマートスポーツ分野の大黒柱として、もちろんこの大々的なチャンスを見逃すことはありません。最近発売されたInstinct本能知能運動腕時計は、各種の運動と日常の通勤に適しています。価格も比較的適切です。今は京東は2280元です。今日、ペンギン検定団は私に評価の機会を与えました。

 
スポーツ愛好家として、スマートウォッチGarmin Instinctというシンプルな包装に簡単に惹かれます。箱のサイズは11.2 cmX 11.2 cmで、とても小さくて軽便で、花里胡笛の写真がなくて、包装箱の正面は腕時計の正面図と製品の名称だけあって、大気を簡潔にして、そのインテリジェントな屋外運動の位置付けにも呼応します。

 
包装ケースを開けて、スマートウォッチそのものを見ました。濃厚な運動スタイルで、編集して持ってきたのは石灰バージョンで、砂をすりつぶしたような暗く、落ち着いて深いです。また、インテックトには炎の赤、凍原の白、海のしぶきの青、旭日黄、濱湖の青バージョンもあります。

 
箱の中の部品は多くなくて、Instinct本能腕時計、入門ガイド、密着式充電線、Garmin Connectソフトウェアのダウンロードアイコンとシールを含みます。スマートウォッチInstinctは磁気式や無線充電を使っていません。充電する時は腕時計の裏側に糸を差し込みます。

 
スマートウォッチInstinctのスクリーンサイズは直径0.9インチ(23 mm)で、解像度は128 Xで、画面はダブルウィンドウズモードを採用しています。8辺の大型スクリーンはすべての情報を表示しています。円形の小さいスクリーンは腕時計の状態、機能性アイコンまたは強調情報を表示しています。これは白黒半透明の白黒スクリーンで、視覚的にはキンドルのインクスクリーンのような感じがします。解像度も高くないですが、日常の使用には十分満足しています。携帯を見て同期してくるという通知も含めて、読むのもストレスがありません。直射日光の当たる屋外でも、はっきりと見えますので、アウトドアに向いています。同じように、このスマートウォッチは夜に使うためにバックライトを調節することができます。

 
スマートウォッチInstinctの裏側は三光電気心拍センサーと充電口です。