サムスンActive 2スマート腕時計

一年以内に反復ウェアを発売するのは一般的ではないですが、サムスンはスマート腕時計という領地で必ず得をするようです。Galaxy Watch Activeが発表されてから6ヶ月後に、サムスンは二代目のGalaxy Watch Active 2スマート腕時計を発売しました。

 
Watch Active 2は前の世代の製品に比べて外観が大きく変わっていますが、実際には体が薄くなり、重さもかなり軽くなりました。今は二種類のサイズがあります。40 mm(280ドル)と44 mm(300ドル)があります。2018年のギャラクシー腕時計よりもコンパクトで、サムスンもこれらのモデルと一緒に販売し続けています。両者は360×360の円形のスーパーAMOLEDディスプレイを搭載し、前者は1.2インチ、後者は1.4インチである。

 
すべてのバージョンは三つ星のExynos 9110デュアルコアチップセットを含み、動作周波数は1.15 GHzであり、Tizen OSを実行する。

 
ブラック、シルバー、ゴールドとピンクゴールドがあります。ゴムの付いたアルミフレームやベルト付きのステンレスフレームも選べます。それはコンパクトで、心を込めて作り、シンプルで魅力的です。

 
ちなみに、新しい仮想「回転テーブルループ」です。以前、サムスンはGalaxy Watch Activeで腕時計を回転テーブルで操作するインタラクティブモードをキャンセルしました。

 
今は、Active 2上の新しいフリップコントロールを使用して、ユーザーが腕時計の画面の外枠部分に触れるだけで、時計回りや反時計回りにスライドすれば、スクロール選択アプリケーション、切替タスクなどのインタラクティブが可能になります。もちろん、ユーザーもスクリーンだけを使ってもいいです。この時はエッジ制御がちょっと余分になります。しかし、エッジ制御はいくつかのタスクにとっては確かに大きな役割を果たしています。その触覚は鋭敏で強く、「真実」を感じています。複数の外部メディアが体験しても、腕の枠に「輪を描いて」いる時に、体は軽い振動で対応の感触をフィードバックし、「カチッ」のようなつまみの音を出すということです。標準的な中央タッチパネルエリアは、表面はカン寧ゴリラガラスDX+で作られています。

 

http://www.mylovewatch.xyz/