セイコーが新たな5 Sportsシリーズの腕時計を発売しました。

長い間、セイコーは5 Sportsシリーズを通じて種類が多くて、価格が安い製品を提供しています。このシリーズはお得な価格と核心の特徴によって、自動上弦、曜日と日付表示、優れた防水性能、丈夫なケースと時計チェーン、そして4時の位置の組込み式の時計の冠になります。

 
セイコー5 Sportsシリーズは新しく設計してアップグレードしたばかりで、現在は5種類の核心的なスタイルから構成されています。いずれも特定のファッションスタイルに対応しています。現在、セイコー5 Sportsシリーズは全部で27モデルが含まれています。すべてのデザインは「潜水精華」と呼ばれています。

 
新しい5 Sportsシリーズは、汎用デザインを中心に、同じケース、回転テーブル、文字盤、針のデザインを共有し、4 R 36自動上弦ムーブメントを搭載しています。すべてのデザインされたモデルは、文字盤に新たな5 Sportsシリーズのロゴを飾り、左に45°回転する数字「5」です。

 
セイコー5 Sportsシリーズの「スポーツスタイル」は11つのモデルを含み、多くのモデルのケースは金属的な質感のある装飾を採用しており、旭日柄の文字盤と組み合わせて、配色方案はSKXダイバーを連想させます。オレンジの腕時計(SRPD 59 K 1)と百事圏腕時計(SRPD 53 K 1)を含みます。

 
次に、最大のサブシリーズは「正装スタイル」で、8つのモデルが含まれています。このサブシリーズの特徴は、文字盤が暗いこと(クリーム色の文字盤以外)で、多くは象牙色、古い蛍光針、時標を作る。いくつかのモデルはミラノのニースの時計のチェーンを採用して、復古の外観を強調しています。これはセイコー5 Sportsシリーズにとっては初めてです。