IWC万国表初秋コーデのオススメ

最近はIWC万俵の熱が非常に高いと言えます。先週は「銀翼噴火戦闘機の最長飛行」という栄誉ある出発活動が行われました。多くの各界の有名人が参加しました。IWCは今回の飛行行動の公式時計と主要なパートナーとして、この偉大な時を目撃しました。

 
二人のパイロットは今回の飛行は全行程IWC万表噴火戦闘機パイロットの世界時計「最長の飛行」の限定版を着用します。この表は今回の世界一周旅行の公式用表として、時計の回転だけで簡単に時間を任意の時間帯に調整できます。

 
ムーブメントはIWC万国表の新たな研究開発の82760のオリジナルムーブメントを採用しています。初めて世界のタイムゾーンの特許機械装置とオートチェーンのムーブメントを結合しました。同様に、レトン自動チェーンシステムを採用して、動力は60時間保存します。

 
精密鋼の材質、黒い盤面と軍緑の織物のベルトの組み合わせを採用しています。文字盤にはそれぞれ赤と白の文字で「SPITFIRE」と「TIMEZONER」と表記されているほか、今回の「最長飛行」の記念模様が刻まれています。

 
この限定のほか、IWCは噴火戦闘機の大型パイロット万年暦の腕時計を発表しました。なにしろ今年はIWC万俵が主宰しているのがパイロットシリーズです。

 
ダッシュボードの盤面デザインはパイロットの万年暦を普通の万年暦より若く見せて格好いいです。文字盤の四桁の年表示と12時位置の南北月相表示はいずれもIWC万国表の特徴であり、月相盤の左右には上下左右に「S」と「N」の白い噴火戦闘機の模様が表示されています。北半球と南半球を表示します。

 
この磁器化チタン金属の二重秒追跡時計の大きなハイライトは霧のマットな黒いケースで、IWC万国表が独自に開発した最新のCelrataniumセラミック化チタン金属の材質を採用しています。