経典巡礼宝玉早期計時腕時計

表業界では、珠玉は数少ないランドマークの時計シリーズの一つ、Type XXです。もちろん、Type XXは天から降ってきたわけではない。1935年から宝玉の時計は最初に作られました。その後、Type XXに変化していきましたが、初期の時計でも、ここで紹介する1938年の腕時計のように、独特の魅力があります。

 
この腕時計の最も目立つ特徴を指摘しにくいです。銅色印刷と似合う針を持つ黒い文字盤ですか?それとも穴紋表冠と広い耳を持つ精密鋼のケースですか?さまざまな要素が巧みに結合し、この腕時計に独自の個性を与え、時代を超えた姿を見せていることは間違いない。今でも、この腕時計はとても適しています。直径は32.5ミリしかないということを知りたいです。しかし、残念なことに、この腕時計の希少性と貴重性から見て、本当にある腕の上でその姿を見ることはできません。

 
この腕時計は1938年に製造され、1939年6月10日に販売されました。時代は古いが、腕時計はよく保存されている。文字盤はすでに「熱帯」の色調に変わりました。ケースには傷があります。それ以外にも、この腕時計は出荷されたままです。ディスクの右側、上弦の時計の冠と時計のボタンの形、普通でない個性的な風采を現します。当時、珠玉は航空分野でパイオニア役を演じていましたが、この腕時計はデザインのヒントを得ているようです。

 
珠玉は航空世界とのつながりが深く、1950年代に続いてType XXシリーズとなり、この時計を意味深い時計にしました。それは珠玉が時計の分野に初めて関与したということです。その後、ブランドはこの分野で堅実な印を残しました。この時計はさらに、優れた創始者が亡くなって久しい後も、珠玉の革新精神が続いていることを示しています。