国色天香傾城の色蕭邦「牡丹の腕時計」があなたを連れて花のように美しいです。

牡丹は古代の詩と詞の中でよく出てきます。例えば、劉禹錫の『牡丹を観賞する』の中で、「牡丹だけが国色で、花が咲く時には都に動く」というものです。私達の印象の中で、牡丹の花冠は群芳に位置して、雍容華貴、傾城の姿を持っています。国色天香の牡丹が腕時計に描かれ、方寸の間で唯一無二の風采を演出します。ショパンは毎年牡丹をモチーフにして美しい腕時計を作っています。今年もそうです。このL.U.C XP Esprit de Freurier Peonyは今年ショパンで発売された限定腕時計で、文字盤の牡丹が傲然と咲いています。

 
牡丹の花の歴史は紀元前9世紀にさかのぼり、富貴と尊栄を象徴しています。牡丹はたくさんの歴史物語を持っています。例えば、武则天は牡丹を洛陽に下げて、「洛陽牡丹甲天下」を成就しました。隋帝は牡丹の花を非常に愛しています。各地の牡丹を集めて西苑に栽培しています。蕭邦連合のキャロラインフィッシャーも牡丹が大好きで、今年は牡丹の花を文字盤に刻み、色を重ね、目を楽しませ、忘れられない視覚効果を作り出しました。

 
このL.U.C XP Esprit de Freurier Peony腕時計は直径35ミリのケースを持っています。ケースは18 Kのバラゴールドで作られています。ケースの側面と輪はきらきら光るダイヤモンドをちりばめています。ケースは自然に耳のところに伸びています。耳はダイヤモンドではめ込まれています。

 
腕時計のハイライトの一つは、文字盤のデザインです。八重の濃淡さまざまなピンクの牡丹が目の前に躍り、薄粉から濃い粉からピンクの紫まで、花びらが濃淡で、艶やかで無双で、緑の葉の引き立てのもとでより艶やかに見えます。ショパンの職人が貝や真珠の母貝を採用し、手で細かく切った白珍の珠貝の入れ物が牡丹のグラデーションと立体感を際立たせています。