月明かりに照らされた第五の道を歩く

海瑞ウィンストン第五大道Aventue Class icシリーズ経典月相機能腕時計

 
海瑞ウィンストンと青い色は昔から変わらない縁があります。1949年には、ヘブライウィンストンさん(Mr.Harry Winston)が伝説的な希望のダイヤモンドを買いました。この稀代のダイヤモンドは世界で現存する一番大きな青いダイヤモンドで、45.52カラットになりました。この物語は、この全く新しい青い月の腕時計に伝説的な色彩を添えさせてくれます。

 
海瑞ウィンストンの表職人たちは、真珠の母貝の文字盤の上に二つの色調の青い模様を飛ばして、深い夜空に出雲の綿のような柔らかさを浮かべました。濃紺と水色の光のグラデーションを比較して、錦の群れを象眼したダイヤモンドの文字盤に、ため息をつくような美しい背景を描き出しています。宝石職人は円形の明るい切工で彫ったキラキラダイヤモンドを用いて、放射式光線の形で星の形の位置から四方八方に散乱して出します。一部のダイヤモンドは金の水滴形のシルエットにはめ込まれています。

 
繁雑な月相表示機能は6時位置の表示窓の中にあり、星々は明月の曇晴円とともに、夜空に白く輝いています。この腕時計は上質な先端を持つHW 5203水晶ムーブメントを備えており、時計回りと分針は中心に位置していますが、6時の位置には、円形の明るいカットのダイヤモンドが半円形に並んでいて、月相表示盤と精巧な秒針を取り囲んでいます。