腕時計の技術はどれぐらい知っていますか?

透かし細工
透かし細工は、切り紙とは違っていますが、共通して成型の模様があり、図案以外の余分な部分を取り除くところがあります。透かし細工は、表の職人が普通のムーブメントをベースにして、先に針で透かしたい部分を穴にあけて、余分な金属を取り除いて、彫刻ナイフですべてのエッジを45°の角度の斜辺に変えて、ムーブメントの面を異なったパターンに彫刻します。切り紙にしても、透かしにしても、美感を大切にしています。技術は熟練しています。完成品には少しの余分な荷物があってはいけません。一歩も間違えてはいけません。

 
蒔絵工芸
蒔絵は漆を塗る技術の中で最も複雑で巧妙な技術で、簡単に言えばまだ乾いていない漆(通常は黒漆)に金の粉や銀の粉を少し噴き出して、精巧な装飾模様を作ることです。この主な表現は漆器と貴金属の粉末が融合した芸術効果で、19世紀の日本の江戸時代にピークを迎えました。「蒔絵」の原材料はなかなか手に入りません。漆は日本の漆の樹脂から抽出されたものです。毎年一回しか採集できませんが、採集後は3~5年間放置してこそ、耐摩耗性のある、蜂蜜状の漆に加工できます。

 
エナメル彩画
エナメル表は、絞線エナメル、無地エナメル、絵の具エナメルに分けられます。絞糸エナメルは生活の中で最もポピュラーなエナメル技術ですが、時計盤面の絞糸エナメル技は他と違って、表盤の白地に極細な金線で事前に設計図を描いてから、これらの模様の異なるエリアに色の違うエナメルを入れて焼いています。例えば、文字盤の水平面に、まず絞め糸で模様の形を作り、次にカラーエナメルを加えて焼く。