Aceau H Dレコジュエリー腕時計:真珠母貝とダイヤモンドの装飾芸術

Hermèsは新しい工芸ジュエリー腕時計「Arceau H D e co」を発売したばかりで、デザインのインスピレーションはパリの聖オノレ街Hermès逸品店の装飾芸術風格の鉄工芸装飾からきて、真珠の母貝とダイヤモンドの象眼の二つの技術を融合して、優雅で幾何学的美感に満ちた文字盤デザインを作り出しました。

 
34 mmの丸い白金のケースにアルクェアのマーク的なあぶみの形をした時計耳を合わせて、ラインを洗練してシンプルです。表の輪は198粒の明るいカットダイヤモンドを象眼して、表の冠も1粒のバラの形でダイヤモンドを切断します。

 
文字盤のデザインからインスピレーションを受けたパリの聖オーストリア市郊路Hermès逸品店の鉄工芸の装飾、中央は2つの織りなす字母「H」で、腕の動きに従って回転することができて、中央から端に向かって花の螺旋模様を積層して展開して、各図案はすべてダイヤモンドで輪郭を描き出して、それから切断した真珠の雌貝を象眼します。

 
各真珠のメス貝の厚さは0.2 mmしかないので、ちょっと油断したら壊れてしまうので、この仕事は極致の忍耐力が必要です。ブラックの文字盤は372個のダイヤモンドを象眼して、ホワイト版は432個のダイヤモンドを象眼して、それぞれの文字盤は2日間で完成できます。

 
自生産H 9112を搭載して、自動的にチェーンコアに乗り、動力は50時間備蓄されています。黒いまたは赤いワニの皮のバンドを組み合わせると、官価はまだ発表されていません。