自己を超え、常に精神を保つ。

1926年、有名な時計の大家である馬切斯シュナイダーさんはスイスにウレマンシュナイダー腕時計製造工場を設立しました。偉大な探索の時代において、ニービッタは精密なタブ技術の発展に対する研究に不滅の貢献をしました。時計業界はずっとタブ技術の進歩と歴史事件に伴って歴史の重要な部分になっています。彼らは海を越えて、海底に深く入り込んで、未知の航空分野を探求しています。これはニービッドブランドの探索に対する深い価値です。

 
ニビダは今まで発展して、ずっとブランドの育成と革新に対して力を尽くしています。消費需要のアップグレードはニビダに新たな分野と空間を広げた。ニビダが遵守している「絶えずユーザー体験を向上させる」はブランドの発展の主な方向であり、没頭式の服装体験と異なる需要の腕時計を融合させることを追求し、より若年化した市場発展の趨勢に順応しています。ショッピングシーンの環境の全面的なアップグレードは、新たな消費ニーズを満たすために努力します。これは百年近くの歴史を持つ伝統的な時計ブランドが市場の変化に順応し、自己を突破することを推進しています。ニーヴィダの探索の道は、恐れのない登山の精神のように、独得の生き方によって、時間の永遠の伝承を無限の可能性に育み、自分自身の初志と信念を守り続け、未完の精神で時間が与えられた新しい未来をつづりたい。