M es’Art「中国古代四美人」シリーズのエナメル腕時計を鑑賞します。

Blancpain Art「西施」
大明火エナメルの文字盤は西施の「江畔アライブ」をマイクロに描き、表職人はまず黄金の基板に手で模様を彫刻し、色の違うエナメルを塗り、800℃の高温を何度も焼き上げました。下の川の水は特に半透明の青いエナメルを使い、腕時計を少し傾けて水底に彫られた魚が見られます。

 
Blancpain me tiers d’Art「王昭君」
四枚の腕時計の中で最も階層的な作品で、文字盤の中に大きな赤いテンの毛皮をはおった琵琶を抱いた「昭君出づる」の姿をエナメルで描く。背景の遠山とゴビの壁は木の象眼で、大きな塊の白い真珠の雌貝は広大な雪原を代表して、最後に手作業で彫刻した何本の低木を添加して装飾とします。

 
Blancpain M e tiers’Art「貂蝉」
表盤基板は日本の伝統的な金銅合金「赤銅」で作られ、酢酸銅溶液「緑青」に浸漬した後、濃い茶色になります。エナメルミンチは文字盤の右側に立っています。左側には手作りのバラ金花叢とテーブルがあり、上には白い真珠の母貝の「月」がはめ込まれています。

 
Blancpain M e tiers’Art「楊貴妃」
黄金の文字盤は丹念に磨きをかけ、大面積のエナメル絵は彩色と焼きを繰り返し、表職人は柔らかな色合いを選んで、半朦朧とした雰囲気を作り、最終的には「貴妃酔酒」という古典的なシーンを呈しています。このシリーズの中で最も魅力的な映像と言えます。