スイス腕時計MRI STIME(米瑞時)の歴史背景

MRSISSTIMEはスイス瑞時グループ(SISS TIME GROPA SA、以下SISS TIMEと略称する)に所属しています。SISSTIMEは19世紀の芸術品蔵館から生まれ、ジュネーヴのAmman家族が所有しています。19世紀の中頃から、Ammann家族は時計の製造と収集に従事し始めました。独立した時計企業MRI STIMEとトップ腕時計オメガコピーのコレクションアーケード、時計博物館を持っています。

 
1912-1978年の間にMRI STIMEはプライベートオーダーリストの独立したタブ企業であり、1978年にSISS TIMEに買収されたことからMRI STIMEはプライベートオーダーリストサービスからSISSサービスに移行した。

 
TIMEのグローバル腕時計クラブは、グローバル化のハイエンド腕時計カスタムブランドとなっています。しかし、1978年に創立されたSISS TIMEはすでに商業の巨富、各国の要人、有名な芸術家、各界のセレブの個人オーダーメイドリストの第一選択となっています。スイスロサンゼルスに本社を置くSISSTIMEは、世界で30万人のスーパー会員を持ち、百万の腕時計クラブを設立し、世界各地に独立会所があり、名表交流サービスを提供しています。

 
MRI STIMEは神秘的なスイス系の血を引いて2018年にアジアに進出し、SISSTIMEのメンバーにサービスを提供しています。繁華な中国香港、日本の東京、韓国のソウル特別市、世界のカジノマカオで、時計と博彩を組み合わせた世界初のテーマ展示ホールを設立しました。面積は3000平方メートル以上あります。会所式腕時計体験店を設立しました。北京、上海、深センでは、MRI STIMEはブランドそのものにこだわらず、プライベートカスタマイズ業務では百万円級の腕時計の数が11000人を超え、世界トップブランドの製造理念を形成しています。今MRI STIMEはアジアの有名な時計ホールで展示面積が一万平方メートルを超えています。独特な会員サービス体系を堅持して、世界トップのリシャールミルスーパーコピー腕時計ブランドの中で唯一の会員になります。